包茎矯正

MENU

包茎の矯正グッズランキング・手術は必要か?その実態とデメリット

誰にも言えないオトコの悩み
男の性の悩みはいろいろありますが、中でも一番多いのが仮性包茎について。

 

包茎は自分で矯正して治すこともできます。

 

キトー君という包茎矯正グッズはおすすめです。

 

キトー君の口コミや評判・効果はこちら

 

気になるのが異性の目
セックスの時恥ずかしいから女の子に見せられない、というような人は多いでしょう。
同性の目も気になる
仲間と温泉に行ったとき、他の人がフリチンでいても自分だけはタオルで前を隠してしまう…その気持ち、よ〜くわかります。
真性包茎や、カントン包茎と違って、痛くてセックスもできない、というわけでもありません。日常生活に差し障るわけでもない。

 

それでも、オトコとして産まれてきて大人になったからには、チンチンの皮はむけてて当たり前!むけてない自分は、オトコとして半人前なんじゃないのか…。そんな気持ちになって当然です。

 

しかし、手術はしたくないという人も多いでしょう。
値段も高いし、なによりも自分の一番大切なところにメスを入れられるなんて、考えただけでもゾッとしますよね。

 

包茎は治したいけれど、手術はしたくない…。
そんな人のために、仮性包茎の矯正方法を紹介するのがこのサイトです。

 

 手術は本当に必要なのか?
手術するか、自分で治すかを迷っている方、必見!
男性雑誌を見ると、整形外科医の広告がたくさん載っています。あたかも、「仮性包茎は病気の一種だから手術して治さなければダメだ」と言われているような気になります。しかし、ほんとうにそうなのでしょうか?

 

 手術以外の矯正法を知ろう
失敗や手術跡が残るリスクがあるということを考えると「やめとこうかな」と思って当然。でも、できることならなんとかしたい…そんな人のために、むいたままの癖をつける方法を紹介しています。

 

誰にも気付かれずに矯正したい
仮性包茎を自分でこっそり矯正するにはグッズが一番!今では、その種類も数多くあります。
代表的なものはリングですが、これだと目立ってしまい、トイレで隣の人に見られたらどうしよう…っていうことになりますよね。

 

でもご安心ください。

 

リングも不要で、チラッと見られても全然違和感がない新時代のグッズも登場しているのです。「それなら試してみたい」という人も多いはず。
今の時代、ネットで買えば、誰にも知られずにそんなグッズを手に入れることができます。

 

そこで、このサイトでは、こっそり購入できる通販サイトの上手な選び方も伝授しますよ…と、まあ、こんなことを書いている管理人の私も、じつは立派な仮性包茎野郎だったのです。
でも手術はしたくなかったので、いろいろなサイトで仮性包茎矯正グッズを手に入れて試してみたというわけです。お陰様で今ではちゃんとむけています。

 

そこで、みなさまにも「一皮むけたオトコ」になってもらいたいと、このサイトを立ち上げたというわけです。包茎についての知識もいろいろと書きますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

仮性包茎矯正グッズランキング

自分で矯正できるグッズベスト5
自分でできる仮性包茎矯正グッズは様々あります。シールタイプ、リングタイプ、そして、トランクスタイプなど…。 いずれにしても、包皮をむいた状態で癖をつけ、自然に仮性包茎を矯正していくというものがほとんどです。 そんな中から、オススメの商品のベスト5を選出しました。

 

 第1位 マグナムシール 

 

マグナムシール装着感
衛生度
目立たない
矯正力
仮性包茎矯正用のシールです。
一般医療器既製品に使用されている高純度シリコン製で安全な商品。毎日張り替える必要がありますが、その分衛生的です。
リングと違ってシルエットが変わらないので、駅のトイレなどで隣の人にチラッと見られても大丈夫。
なによりも、自然に「むける」癖がつくので、仮性包茎矯正には最適です。

 

 第2位 マイラップ 

 

マイラップ装着感
衛生度
目立たない
矯正力
仮性包茎矯正用のリングです。
包皮をむいた状態で、亀頭の上からはめ込み、むく癖をつけます。
スタンダードタイプと、おやすみタイプがあります。
スタンダードタイプは、硬めの素材。普段の生活の中で動き回っても外れないためです。
一方のおやすみタイプは、朝立ちなどに対応して柔らかめになっています。

 

 第3位 マイスキット 

 

マイスキット装着感
衛生度
目立たない
矯正力
仮性包茎矯正用リングです。
2位のマイラップとほとんど同じですが、サイズがワンサイズなのが気になるところ。
つまり、朝立ちや、急な勃起時に対応できるのか、ということです。
装着感も、かなり慣れが必要です。

 

 第4位 黄色いリボン 

 

黄色いリボン装着感
衛生度
目立たない
矯正力
通常のリングと違い、ペニスの根本に装着します。
根本から皮を引き寄せて、亀頭をむくのです。
根本につけるので目立たないというメリットはあります。
また、装着したままのセックスも可能かもしれません。
ただ、ペニスの根本を締められる違和感はありますので、慣れるまでが大変です。

 

 第5位 バイオバイタルトランクス 

 

バイオバイタルトランクス装着感
衛生度
目立たない
矯正力
トランクスの内側に、包茎を矯正するための器具がついているというもの。
つまり、このトランクスをはいていれば包茎が矯正できるわけですが、トイレの時などに苦労します。
当然のことながら洗濯の必要がありますので、同じものを何枚か持っていないといけません。

 

安心で信用できる商品が第1位に
仮性包茎矯正グッズ選びのポイントとして一番大切なのが、装着感です。
リングタイプのものは、亀頭のすぐ下、あるいはペニスの根本に装着しますが、どうしても違和感があるのは否めません。器具を装着しているので、圧迫感もあります。
その点、シールタイプであれば、圧迫感はなく、自然な感じです。(とはいえ、今まで露出させていなかった亀頭を露出させるわけですから、どんな仮性包茎矯正グッズでも多少の違和感があるのは当たり前です)

 

装着方法次に大切なのが、衛生面です。
リングタイプや、パンツ(トランクス)タイプの場合は、一日一回器具を洗わなければなりません。たいした手間ではないのですが、かならず毎日やらなければならないとなると、ちょっと面倒です。シールタイプのものでしたら、使い捨てが可能です。
また、トイレで隣の人に見られたら…というような心配もあるかと思います。それに、亀頭のすぐ下に装着するリングタイプですと、見られたらすぐにバレてしまいます。
その意味ではシールタイプ、あるいはペニスの根本に装着するリング(陰毛でリングが隠される)がオススメです。
上記のようなことを総合的に考えて、仮性包茎矯正グッズの第1位は「マグナムシール」になりました。

 

この商品はもともと、手術や火傷、外傷などによる傷跡用に米国で開発された高純度シリコンシートでできています。
つまり、傷跡というもっともデリケートな部位に貼るために作られた素材なのです。だから、ペニスに貼ってもなんの心配も要らないのです。
一部の矯正リングなどでは、肌が荒れたというようなクレームがつくものもあるのですが、マグナムシールについては、肌荒れの問い合わせは一件もないそうです。それだけ信用できる商品だと言うことです。
みなさんも、ここで紹介したグッズを使って、コンプレックスとさようならしてください。

 

 

 

 

手術は必要か?

仮性包茎を治したい、と考えたときに真っ先に頭に浮かぶのが手術ではないでしょうか。男性雑誌を見ると、手術をしてくれる整形外科医の広告がたくさん載っています。
あたかも、「仮性包茎は病気の一種だから手術して治さなければダメだ」と言われているような気になります。しかし、ほんとうにそうなのでしょうか?

 

仮性包茎手術は保険適用外
病気であれば、保険が適用されるはずです。しかし、仮性包茎の手術には保険は適用されません。なぜなら、これは病気ではないからです。
ためしに、病院の泌尿器科に行ってもらえればわかります。仮性包茎の人の99.99%は「病気ではありません。セックスにも日常生活にもまったく支障はないですよ」と言われるはずです。
ではなぜ、男性雑誌に手術の広告がたくさん載っているのでしょうか?これは、「自由診療」の「美容整形」なのです。

 

つまり、女の子が二重まぶたにしたり、胸を大きくしたりするのと同じなのです。女性誌には美容整形外科の広告がたくさん載っていますが、それと同じことなのです。
仮性包茎手術は、利益を優先する美容整形外科が、男性の不安やコンプレックスを煽って、手術をさせようとしている、これが実態なのです。

 

手術するか、自分で治すか
「だったらそのままでいいじゃないか」というのであれば、それで問題はありません。しかし、「やっぱり仮性包茎はカッコ悪い」と感じるのが素直なところではないでしょうか。
結論としては、

 

絶対に治さなければならない病気ではない
しかし、治せるものなら治したい
というところでしょう。そこで、選択肢は、手術を受けるか、あるいは手術しないで自分で矯正するか、ということになりますね。

 

手術の実態

広告には書いていない手術の実際
手術をしてでも仮性包茎を治したい、という人も多いと思います。しかし実際にどんな手術をするのか、これは、雑誌の広告などを書いてありませんよね。
そこでここでは、仮性包茎の手術の実際を説明します。仮性包茎の手術にはどのようなものがあるのでしょうか?
大きく二つに分けられます。「切る手術」と「切らない手術」です。下記でその方法について説明していきたいと思います。

 

切らない手術
包皮をまったく切らないで行う仮性包茎の手術もあります。自分の一番大切な部分の手術になるわけですから、切ることに抵抗がある人も多いですよね。
そんな人にも、切らない手術なら安心です。切らない手術にも種類があります。

 

代表的なもののひとつが、皮を糸で縫う方法です。これは、包皮をむいた状態(亀頭を出した状態)で、むいた皮を縫うというものです。そうやって、むけた状態を保つのです。
もうひとつの方法が、医療用の接着剤を使うというもの。余っている包皮を、生体接着剤で根本で固定するのです。縫うこともないので、痛みもまったくありません。

 

切る手術
一方、包皮を切る手術もあります。これも何種類かありますが、大きく分けて、亀頭のすぐ下を切るか、ペニスの根元を切るかに分けられます。
亀頭のすぐ下を切る場合は、想像がつきますよね。下の包皮をぐるっと切るのです。その場合、切除したラインが亀頭のくびれた部分の下になるようにして、目立たなくします。

 

また、根元を切る場合は、根本の部分の皮膚を切って、結果的に包皮が全部むけるようにします。この場合は、手術跡は陰毛に隠れて目立たなくなります。

 

手術のデメリット手術は必要か?

 

 

手術のデメリット

「切る手術」は手術跡が問題
手術は仮性包茎を治すのに確実な方法ではありますが、当然のことながらリスクもあります。特に「切る手術」の場合、切る部分は亀頭のすぐ下か、ペニスの根本になるわけですが、いずれにしても包皮、皮膚を切ったあとには縫い合わせなければなりません。
これが無事に成功すればよいのですが、縫い跡が残ってしまうと言うことがあります。

 

縫い跡は、亀頭のすぐ下を切る場合には亀頭のくびれ部分、ペニスの根元を切る場合には陰毛の中、というように、なるべく目立たない場所を切るのが「切る手術」の基本ではありますが、それでも、フランケンシュタインのような縫い跡がペニスに残ってしまう、という例が実際にあるのが現実です。
ハッキリ言って、女の子もドン引きしてしまうような手術跡が残ってしまうこともあるのです。これだったら仮性包茎のままの方が良かった…というようなことになったらたまりません。

 

「切らない手術」でも問題がある
一方で「切らない手術」であれば「縫い跡」の問題は、「切る手術」よりは大きくありません。しかしながら、「切らない手術」でも、余った包皮を縫い合わせる手術の場合は、「切る手術」同様の「縫い跡」の問題が出てきます。
余った包皮に縫い目がある…これはカッコ良くありませんよね。「切らない」で、しかも「縫わない」手術として、生体用接着剤で、包皮がむけた状態にするものもありますが、この場合は、縫い跡の問題はありません。
しかし、接着剤は一生はがれないようなものではありません。半年ほどではがれてしまい、元の木阿弥、というような例も報告されています。

 

手術費用の問題
「手術は必要か?」のページでも書きましたが、仮性包茎の手術には保険は適用されません。そのため、すべて自腹です。こうなってくると、費用の問題もありますよね。
およそ、10万円〜20万円だと思ってください。ひとり暮らしの家賃なんかよりはずっと高いのです。成功すればそれでもいいと思うかもしれませんが、手術跡のリスクなどを考えると、ちょっと怖いですよね。(手術に失敗して醜い跡が残ってしまっても、それすら保険で治すことはできません)

 

 

手術以外の矯正法

ハッキリ言って、手術は怖いです。なんといっても、オトコの一番大切なところの手術ですから。しかも、失敗や手術跡が残るリスクがあるということを考えると、「やめとこうかな」と思って当然です。
しかし、できることなら仮性包茎をなんとかしたい…そんな人のために、手術以外の方法があるのをご存知でしょうか?それが「仮性包茎矯正グッズ」です。

 

むいたままの癖をつける
「仮性包茎」のページでも紹介していますが、仮性包茎とは、通常時でも勃起した状態でも包皮を手でむくことができる状態です。であれば、むいたままの癖をつければよいのです。
自分でむいて、そのままの状態で過ごしてみる、というのは、仮性包茎に悩む人なら一度は試したことがあるでしょう。でも、いつの間にか包皮が元通り亀頭にかぶっていた、あるいは包皮と亀頭の間に陰毛が挟まって痛かった…なんて言う経験をしたことのある人も多いでしょう。

 

また、亀頭が露出していることに慣れていない仮性包茎の人ならば、「亀頭がパンツに擦れてちょっと痛い」なんて言うこともあるかもしれません。
そこで、「仮性包茎矯正グッズ」を使って、包皮をむいた状態を保つ、というわけです。そうやって、むいたままの癖をつければ、亀頭がパンツに擦れるなんていうことにも慣れるはずです。

 

仮性包茎矯正グッズのタイプ
包皮にむいたままの癖をつけるための「仮性包茎矯正グッズ」には代表的なタイプがふたつあります。ひとつめがリングです。
リングを亀頭の根本にはめ、包皮が被さるのを防ぐという方法です。

 

もうひとつがシール。これは、包皮がむいたままの状態になるようにシールで固定するというやり方です。
他にも、包茎矯正パンツなどもありますが、いずれにしても、手術よりはずっと簡単な仮性包茎矯正法です。
このサイトの「仮性包茎矯正グッズランキング」では、そんな「仮性包茎矯正グッズ」の中から、オススメのものを紹介したいと思います。